草津栗東守山野洲歯科医師会草津栗東守山野洲歯科医師会滋賀県の草津市・栗東市・守山市・野洲市の歯科医師で構成する歯科医師会です
草津栗東守山野洲歯科医師会事務所
〒524‐0013 守山市下之郷3丁目2番5号
守山市福祉保健センター(すこやかセンター)
TEL:077‐581-3355/FAX:077‐581‐3370

2017年11月4日土曜日│くりもやドクターコラム

滋賀くりもやドクターコラム平成29年11月

長年歯科治療に携わってきましたが、最近、口呼吸の患者さんが増えていることに気づきました。

口呼吸は本来、鼻で呼吸しないといけないのに口で呼吸をしてしまう状態の事を言います。

単純に考えると口呼吸を行うと口の中が乾燥状態に陥ります。

口腔内が乾燥すると

  • プラーク(歯垢)の停滞
  • 虫歯の発生、進行、多発性齲蝕
  • 歯周病の発症、進行、増悪
  • 口臭
  • 歯並びの悪化や顔貌の変化

などが起こる危険性が高まります。

歯や粘膜は常に唾液の流れや、唾液の持つ抗菌作用によって自然に洗浄されているのです。口呼吸では唾液のそういった自浄作用が働かなくなるので虫歯や歯周病の危険性が高まるのです。またそれらの要因が重なり、虫歯や歯周病が重症化したり、口臭を生じる場合も多いのです。

また、口呼吸に頼ると口の周り、頬の筋肉が低下します。それにより歯並びに影響が出ることもあります。また口が常に開いているためポカンとした顔貌になり他人に与える印象も悪くなります。

 

それに加え、本来人間は鼻呼吸を行うようになっています。それは鼻呼吸には塵や細菌、ウィルスを鼻毛や鼻粘膜の働きによって除去したり、吸い込んだ空気を加湿、加温をすることにより喉や肺を守るという重要な役割もあるからです。口呼吸ではそれらの効果が得られないまま外気が喉を通過し、肺に届いてしまうことにより風邪やインフルエンザ、その他感染症の危険性も増大させてしまいます。

最近では睡眠時無呼吸症候群やアレルギー疾患、ぜんそくなどの様々な病気を、鼻呼吸を行うことで治そうという試みも行われています。

 

 

つまり、お口の中の健康のため、に留まらず、全身的な健康のためには鼻呼吸を行うことが重要なのです。

口呼吸に医科的にも歯科的にも全くメリットはありません。普段から自分が鼻呼吸をしているかどうか、確認してみましょう。

但し、口呼吸になってしまうには色々な原因があります。習慣的要因だけで口呼吸になってしまっている場合は自己的に鼻呼吸を心掛けるだけで改善する場合もありますが、気を付けているのに口呼吸が改善できない場合は耳鼻科や内科、歯科に相談した方がいいでしょう。

 

   二町中西歯科医院  佐々木 裕