草津栗東守山野洲歯科医師会草津栗東守山野洲歯科医師会滋賀県の草津市・栗東市・守山市・野洲市の歯科医師で構成する歯科医師会です
草津栗東守山野洲歯科医師会事務所
〒524‐0013 守山市下之郷3丁目2番5号
守山市福祉保健センター(すこやかセンター)
TEL:077‐581-3355/FAX:077‐581‐3370

2017年9月5日火曜日│くりもやドクターコラム

滋賀くりもやドクターコラム平成29年9月

入院前には歯医者さんへ

 

高齢の方が入院して手術を受けるとき、準備といえば、どうしても身の回り品のことを考えてしまいますね。ここで見逃されがちなのが、入院前のお口のメンテナンスです。口は呼吸器と消化器の入り口なので、口の中が汚れて細菌が増えた状態になっていると、以下のようなさまざまな症状を引き起こすことがあります。

 

【呼吸器の病気(肺炎)】

口内の細菌が多いと肺炎にかかりやすくなります。人工呼吸器をつけるために器官に管を入れるとき、だ液の中の細菌が肺に入ると「人工呼吸器関連肺炎」を起こしやすくなります。

【心臓や血管の病気(心内膜炎)】

口内の細菌が、血液の流れにより全身を巡り、心臓に付着すると、心臓の内膜や弁に感染症を起こす「心内膜炎」を発症することがあります。

【臓器の感染症(菌血症)】

免疫力が低下しているときは、口内の細菌が血液中に入り、あらゆる臓器に感染を起こす可能性があります。

【むし歯や歯周病の進行】

薬の影響などでだ液が減ると、口内に細菌が繁殖しやすくなり、むし歯や歯周病が進んでしまうことがあります。

 

※手術前のお口のメンテナンスの例

・歯石を取ってもらう。

・ぐらぐらしている歯を固定または抜歯してもらう。

・入院中の歯磨き指導を受ける。

・入れ歯を使用している人は、状態をチェックしてもらう。

 

入院が決まったら歯科を受診して、口の中をきれいにしておくことをお勧めします。

 

 

 

中西歯科医院 門田 紀