草津栗東守山野洲歯科医師会草津栗東守山野洲歯科医師会滋賀県の草津市・栗東市・守山市・野洲市の歯科医師で構成する歯科医師会です
草津栗東守山野洲歯科医師会事務所
〒524‐0013 守山市下之郷3丁目2番5号
守山市福祉保健センター(すこやかセンター)
TEL:077‐581-3355/FAX:077‐581‐3370

2014年12月

2014年12月1日月曜日 【くりもやドクターコラム

滋賀くりもやドクターコラム26年12月

先だって、国道を車で運転中に、70歳位の男性がフラフラと側道を歩いておられるのを見かけました。

寒い朝の8時頃です。薄着でサンダル履き、周辺には民家はありません。

明らかに徘徊であると思い市役所へ連絡を入れました。その方の口元は痩せており、

歯はほとんど無い様にお見受けしました。

おじいちゃん

歯の状態と認知症の関係を、厚生労働科学研究班が調査した結果によると…

歯がほとんど無く義歯も使用していない人は、歯が20本以上残っている人の約1.9倍認知症発症リスクが高く、

義歯を使用する事で約4割は発症を抑制できる可能性があるとの事です。

又、東北大学の研究では、歯の数が少ない高齢者ほど、記憶をつかさどる海馬や、

思考能力を担っている前頭葉が縮んでいるという報告もあります。

かかりつけ歯科医院を持っている人に比べ、持っていない人は認知症発症率が約1.4倍高いとも言われています。

認知症になれば、自分だけでなく家族も大変な負担になります。認知症発生の原因を少なくするためにも、

歯を大切にして下さい。

できれば歯科医院での定期健診をお勧めします。

 

田園歯科医院   林 幹典

歯科医師会関連団体へのリンク